眉毛を描く時の3つの注意点とは?これであなたも垢抜ける

服装はおしゃれになってきた気がするけど、なんか垢抜けない…。
そんな方は眉毛に問題があるかもしれません。

そこで今回は、眉毛を描くときの注意点をご紹介します。

眉毛は描き方ひとつで汚くもきれいにもみえます。
注意すべき点を知り、きれいに眉毛を描くことができれば今よりもグッと垢抜けますよ!

注意点1.左右非対称|鏡をこまめに確認して描こう

鏡を見て眉毛を描く女性

眉毛が左右非対称では、眉毛はきれいにみえません。
左右対称に描くのは簡単ではありませんが、できるだけ左右対称に描くように意識しましょう!

鏡を使ってこまめに確認するようにすると、左右非対称な眉毛になるのを防ぐことにつながります。
すべて描いてから確認すると、途中の角度の違いや長さの違いに気づけません。
そして、できれば付属の小さい鏡ではなく、大きな鏡を使いましょう!

注意点2.すべて同じ濃さ・眉頭が濃すぎる|野暮ったい印象に

アイブロウ

眉毛すべてが同じ濃さだったり、眉頭が濃すぎるのもNGです!
眉頭が濃いと野暮ったい印象を与えてしまいます。

アイブロウパレットがグラデーションになっていることを活かして、眉尻はしっかり濃いめに描くのが良いでしょう。
眉中については比較的毛がしっかり生えているので、濃くなりすぎないように明るいカラーで隙間を埋めるぐらいがいいですよ!

注意点3.眉下と眉尻のラインが崩れている|整えてきれいな印象に

眉毛を整える女性

眉下と眉尻のラインがガタガタで崩れているのもよくありません。
眉毛の下のラインは、まっすぐ整っているだけできれいな印象を与えます。
ガタつきはNGです!

また、眉尻と下のラインについては、細くシャープな線が描けるようにペンシルなどを使うといいですね。
パウダーのみの場合も、アイブロウに合うブラシ選びができるとグッド!

まとめ

眉毛を指差す女性

垢抜けない原因のひとつとして、眉毛の描き方があります。
眉毛がうまく描けないからといって、雑に描いてしまうのはやめましょう。

眉毛が変わるだけで、顔の印象がグッと変わります。
苦手だなという方は、時間がかかってもいいので注意点を意識しながら練習してみましょう。
今よりきれいな眉毛が描ければ、今よりもきれいにみえるようになりますよ!

 

名古屋駅徒歩3分でパーソナルカラー診断、顔タイプ診断、骨格診断を受けるならVan Ness salonへ。
Van Ness salon 川口礼華