私は合ってる??日焼け止めの選び方!SPFやPAって何?

日焼けしたくないけど、日焼け止めの選び方がわからない…。
なんとなく日焼け止めを選んでいる…。
日焼け止めは種類がありすぎて、どれを選んでいいかよくわかりませんよね。

日焼け止めはどれを使っても良いわけではありません。
日焼け止めを選ぶときに大切なSPFとPAについて解説しながら、日焼け止めの使い分けをタイプ別にご紹介します。
日焼け止めをきちんと使い、紫外線から肌を守りましょう!
数年後も白くてきれいな肌が自分のものになりますよ!

日焼け止めを選ぶ時の第一歩はSPFとPAを理解すること!!

日焼け止めを選ぶ時の第一歩はSPFとPAを理解すること!!

日焼け止めのCMやパッケージで、SPFとPAという言葉をよく見かけますよね。
見たことはあるけど、意味はよくわかっていないという方が多いのではないでしょうか?
SPFとPAは、日焼け止めを選ぶときに重要なポイントとなります。

SPFとPAとは、UV-AとUV-Bという紫外線からどれぐらい肌を守ってくれるのかを数値などで表したものです。

SPF

SPFは、UV-Bから肌を守るもので、数値が大きいほど防止力が高くなります。
2から50、50以上の場合は50+と表示されます。

PA

PAとは、UV-Aから肌を守るものです。
PA+からPA++++の形で表示され、4段階あります。
+が増えていくほど防止力が高くなります。

使い分けができれば完璧!日焼け止めの選び方

使い分けができれば完璧!日焼け止めの選び方

じゃあSPFとPAの数値が大きいものを選べばいいんでしょ?と思う方もいると思います。
しかし、日焼け止めにはもう一つ選び方のポイントがあります。

日焼け止めをタイプ別に使い分けることです。
日焼け止めは1日に何度も塗ります。
どれか一つだけだと塗るのが煩わしくなってしまうことも…。
塗り直したり、スポーツの時に使用したりとライフスタイルに合わせて使い分けができると完璧です。

1.塗るタイプ
塗るタイプの日焼け止めは、肌により密着するので落ちにくいです。
外出の15分から20分前に塗っておき、肌へ定着させます。

2.スプレータイプ
外出時にさっと吹きかけることで簡単にケアができます。
また、手で塗りにくい部分や日焼け止めを塗るのがあまり好きではないという方にもおすすめです。

3.シートタイプ
使った後に手に残らないこと、カバンの中に入れておいてもかさばらないのがメリットです。
子供にも塗りやすいですよ!

4.ウォータープルーフ
海やプールへ行く時、激しい運動をするときにおすすめです。
水や汗で落ちにくく、特定の場面では他のタイプのものより長持ちします。

まとめ

まとめ

日焼け止めの選び方がわからない方は、まずSPFとPAを理解しましょう。
どちらも紫外線から肌を守るものです。
さらに、日焼け止めにはタイプがあります。
ライフスタイルに合わせて適切なものを選び、使い分けましょう!